しっかり考えて依頼しよう|安定感のある中古マンション投資を実現するために保証を受ける

安定感のある中古マンション投資を実現するために保証を受ける

集合住宅模型

しっかり考えて依頼しよう

男の人

マンションやアパートの経営はオーナーの方が自主管理を行なう大家さん形式と経営を行なう上での面倒な管理などを全て会社が管理してくれる一括借り上げ形式の管理方法があります。大家さんの場合は入居者の募集や家賃の設定、回収はもちろんですが、入居者トラブルへの対応なども全て大家さんが行なうのが一般的です。仲介業者である不動産業者がサポートも行なってくれますが、基本的にはサービスの一部なので経営に関わる部分まではサポートしてくれません。あくまでも仲介と仲介責任を果たすだけなので住人とのトラブルや部屋の設備不良などは経営者であるオーナーが対応するのが一般的です。オーナーのしごととしては建物設備の不調の際には修理業者を手配したり、ある程度建物の審美を保つために清掃会社に掃除を依頼したり、業者を1から選定して依頼を行なわなければなりません。自らで業者選びを行なえるので低コストで建物の整備などが出来るのが魅力的ですが、初めて不動産経営を行なう場合はしっかり管理出来ないことで住人とトラブルになってしまう可能性もあるので注意しましょう。一方、一括借り上げの場合はマンションやアパートの管理を専門に行なっている業者に管理を全て委託するという形なので業者探しや面倒な手続きなどを行なわなくても良いのです。物件で起こったトラブルへの対応や各業者への依頼も全て一括借り上げ形式では管理会社が行なってくれるのでお仕事をしているオーナーにとってはとても便利なサービスとなっています。管理会社は基本的に提携を結んでいる会社であったり、管理会社自らがリフォームなどを行なってくれたりするので工事費なども比較的安く済むこともあります。自主管理を行なうのか、それとも一括借り上げを選択するのかはオーナー次第となっています。